脱毛に関する○○な口コミには要注意

多くの女性は、脱毛サロンを選ぶ際にインターネット上の口コミを参考にすると思います。社会的な認知度がそれほど高くない、ローカルな脱毛サロンは検索してもそれほど口コミが載っていませんが、大手サロンになるとそれこそたくさん情報があります。
ですが実は、そうした口コミ情報の中には注意したい内容もあるとご存じでしたか? そこで今回は注意したい口コミの共通点をお教えしたいと思います。

厳し過ぎる口コミには要注意

口コミを眺めていると、これでもかと言うくらい、特定の脱毛サロンの悪口を書いている人を見掛けます。結論から先に申し上げますが、この手の口コミには注意してください。その理由は簡単で、同業他社のスタッフが、口コミサイトで一般人になりすまして、ライバル店の悪口を書いているケースがあるからです。
実際、私はありませんでしたが、売上の責任を持っている人から、同業他社の悪口を書き込むように指示されるケースもあるようです。
率直な感想を申し上げます。

「これでもか」というくらい叩かれているサロン情報を見掛けますが、そのようなレベルの低いサロンが全国展開を実現できるほど、日本の市場は甘くありません
日本の脱毛サロンは、大手であればレベルはかなりの場所まできています。

「言い過ぎだな」
と思う、敵意のこもった書き込みは同業他社のスタッフが書いている可能性もあります。話半分に読んでください。

口コミサイトは、冷静な意見をひろってみる

評価していても、評価していなくても、いずれにせよ冷静なトーンの口コミが最も信じられる可能性が高いです。
「でも、どれが本物でどれが偽物かなんて見抜けない」
と不安になる方は、冒頭のトップページに私がランキング付けしたサロン情報も、1つの参考にしてみてください。
私のランキングにおいては、スタッフの接客態度や勧誘の有無はもちろん、店舗数、脱毛技術、スタッフの研修レベル、コース設定など、総合的な判断を心掛けました。それなりに参考になると思います。
ただ、比較をしていて思ったのですが、ランキングに登場するような大手脱毛サロンであれば、その差は紙一重です。めちゃくちゃに叩こうと思っても、よほどの悪意を持って評価しなければ駄目なほど、どこもレベルは高いです。
そうした大前提を踏まえた上で、ランキングを参考にしてみてください。

リエの脱毛ポイントまとめ
・厳し過ぎる口コミは、同業他社のスタッフが書き込んでいる可能性有り