光(フラッシュ)でも永久脱毛って可能?

フラッシュ脱毛を料金面で選ぶ人は多いと思います。料金を考えるとレーザーには手が出ない、ましてニードル(針)は痛そうだから嫌、消去法でフラッシュを選ぶといった人も居るかもしれません。そのせいでしょうか?
「フラッシュでも永久脱毛はできる?」
と、多くの女性、女の子から聞かれます。
この質問、「う~ん」って悩んでしまいます。厳密な意味での永久脱毛はできないのですが、ある意味で「永久脱毛」と思えるほどの結果は、脱毛サロンの光(フラッシュ)でも期待できるからです。

光(フラッシュ)脱毛でも、ある意味で「永久脱毛」は可能です!

ある意味で残念な話かもしれませんが、医療用レーザーでも正真正銘の永久脱毛はできません。
日本抗加齢美容医療学会も認めています。レーザーにせよ、脱毛サロンのフラッシュ脱毛にせよ、体毛の幹細胞を破壊するわけではないので、永久脱毛はできないのです。
ただ、脱毛前の無駄毛が全て生え戻ってくるというわけではありません。例えば脇脱毛を脱毛サロンで完了した後、脇に目立たない無駄毛が2本、3本と生え戻ってくるケースもあるでしょう。
「2、3本も??」
と驚く方もいらっしゃるはずですが、黒々とした太い体毛が全て生え戻ってくるわけではありません
レーザーにせよ、フラッシュにせよ、毛を100パーセント0にするのではなくて、目立つ毛を0にする脱毛なのです。
そしてその無駄毛の目立たない状態を長期間保ちたいと思えば、フラッシュでも全く問題はありません。その意味でフラッシュ脱毛も「永久脱毛」が可能なのです。

本当に永久脱毛をしてしまっては、危険です!

体毛が完全に生えてこないように、幹細胞を破壊する永久脱毛をしてしまうと、危険だとご存じでしたか?
ニードル(針)は本当の意味で永久脱毛を実現してくれますが、永久脱毛のために幹細胞を破壊すると、ケラチノサイトやメラノサイトの生成も止まります。
ケラチノサイトは皮膚の新陳代謝を行ないます。メラノサイトは紫外線から体を守ってくれます。
全身の体毛を真の意味で永久脱毛してしまえば、皮膚の再生に障害でてきます。
乾燥性皮膚炎になり、最悪紫外線の影響で皮膚がんになる可能性もあると言われています。 ニードル(針)脱毛は、フラッシュ脱毛などで抑えられなかった目立つ毛を、ピンポイントで処理する方法には向いています。
最初から永久脱毛を目指して、全身脱毛などに選ぶ方法としては向いていません。逆に危険
です。
最初にスピードの早い脱毛サロンのフラッシュ脱毛で大部分を一気呵成(かせい)に処理してしまい、
もしも目立つ毛が生え戻ってきたら、その部分だけニードルを考える、そういった流れを頭に入れておいてください。

「リエの脱毛ポイントまとめ」
・ フラッシュ脱毛でも、ある意味で「永久脱毛」に近い状態は目指せる
・ 最初から針を行なうのでなく、最初にフラッシュで大部分を処理して、根強い無駄毛を針で処理すると、安く確実に「永久脱毛」を目指せる