全身脱毛のスケジュールと期間は?

何であれ脱毛を経験した人であれば、脱毛のスケジュールが決して短くは無いとご存じのはずです。脇など極めて限定された部位の脱毛であっても、かなりの時間と手間が必要です。
まして全身脱毛となると、気が遠くなりそうですが実際はどうなのでしょうか?
「全身脱毛の期間はどのくらい?」
と、この手の質問も身の回りの女子や女性からたくさん受けるので今回は考えてみたいと思います。

全身脱毛の期間は1年くらい

結論から先に申し上げますが、大手脱毛サロンの場合、全身脱毛のスケジュールと期間は1年間ほどになります
1年を短いと感じるか長いと感じるかは個人差があると思いますが、
私としては1年で無駄毛が処理できると思えば、長くは無い時間だと思います。
具体的には以下のようなスケジュールになります。

  • 1. 2カ月ほど、4回程度に分散して全身をまず脱毛する
  • 2. そのスケジュールを順番に6回ほど繰り返す
  • 3. 1年ほどで全身脱毛が終了

1: 2カ月ほど、4回程度に分散して全身をまず脱毛する

最初に全身を大まかに4分割し、1回目の来店でAパート、同月2回目の来店でBパート、翌月1回目の来店でCパート、翌月2回目の来店でDパートと順番に脱毛をします。
全身脱毛となるとフェイスから胸、お腹、腕、手のひら、Vライン、Iライン、Oライン、背中など、膨大に部位があります。1回で全身の脱毛は物理的に不可能ですし、体にも負担です。上述のように2カ月ほど掛けて順番に行なう必要があります。

2: そのスケジュールを順番に6回ほど繰り返す

3カ月目に入ったら、初月に脱毛したAパートに戻ります。それ以後は、3カ月目2回目の来店でB、次はCと順番に行ないます。
ご存じの方も多いと思いますが、無駄毛は皮膚の下に見えない待機組が控えています。最初に脱毛をしても間もなく体毛が生えてくる理由は、皮膚の下に隠れている毛が伸びてきたからです。
2順目の脱毛は、そういった隠れていた無駄毛を改めて処理する作業になります。

3: 1年ほどで全身脱毛が終了

2カ月で4エリアを一巡というセットを合計6回ほど行なえば、かなり「永久脱毛」の状態に近付いています。
もちろんフラッシュ脱毛では正真正銘の永久脱毛は不可能ですが、レーザーも一緒です。
本当の永久脱毛はニードルしかできません。しかし、ニードルは痛みがひどいですし、
本当の意味で幹細胞を破壊し永久脱毛をしてしまうと、皮膚障害や皮膚がんのリスクが指摘されています。
感覚的に脱毛できたなぁと思える「永久脱毛」でいいのです。体毛を0にするのではなく、
目立つ体毛を0になればいいのです。その状態を実は、レーザーもフラッシュも目指しています。
後は好みの問題です。レーザーもフラッシュもどちらもある意味での「永久脱毛」に過ぎません。
しかしどちらもしっかりと効果はあります。医療機関というブランドが好きな人は、
医療機関を選べばいいですし、興味の無い人は脱毛サロンを選べばいいのです。
価格もスピードも後者が圧倒的に優れています。

1年間は長丁場なので、最予約など柔軟に受け付けてくれるサロンを

1年は長丁場です。月に2回の来店を1年間繰り返すのですから、特に脱毛サロンを選ぶ場合は、通いやすい立地、店舗数の多いチェーンを選んだ方がいいと思います。
生理などでスケジュールが狂った場合、すぐに別の日程を用意してくれるか、その辺りも調べる必要があります。
ご自分で全て調べられない場合は、冒頭のサロン一覧を参考にしてください。
掲載の脱毛サロンは、店舗数や予約・再予約のスムースさも考慮してランク付けしてあります。ランク上位であるほど、一般的に通いやすいサロンになっていると考えていただいて結構です。
せっかくなら充実した1年になるように、素敵なサロンを選んでくださいね。

リエの脱毛ポイントまとめ
・ 全身脱毛は、スピードの早い脱毛サロンで
・ 全身脱毛のスケジュールは1年ほど
・ 長丁場なので、店舗数の多い、通いやすいサロンを選択する
・ スケジュール調整にも気持ちよく応じてくれるかどうかも要チェック